人事転職ナビ

-人事専門の求人検索サイト-

求人を探す

人事転職ナビ

  • レジェンダ・コーポレーション株式会社
  • 株式会社Speee
  • ジェイレックス・コーポレーション株式会社
  • 株式会社トリドール
  • 株式会社メイテックフィルダーズ
  • 株式会社Cygames
  • 株式会社メイテック
  • 株式会社リンクバル
  • GMOインターネット株式会社
  • フェンリル株式会社
  • 株式会社ディレクションシーズ
  • レジェンダ・コーポレーション株式会社
  • 株式会社Speee
  • ジェイレックス・コーポレーション株式会社
  • 株式会社トリドール
  • 株式会社メイテックフィルダーズ
  • 株式会社Cygames
  • 株式会社メイテック
  • 株式会社リンクバル
  • GMOインターネット株式会社
  • フェンリル株式会社
  • 株式会社ディレクションシーズ

【年末年始休業のお知らせ】
弊社の年末年始の休業期間を、下記の通りお知らせいたします。
2018年12月29日(土)~2019年1月3日(木)
上記期間中にいただいたお申込み・お問合せ等のご対応につきましては、 2019年1月4日(金)以降に順次対応させていただきます。
大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解いただけますようお願いいたします。

求人を探す

詳しい条件で探したい方はこちらから→

NEW新着求人

人事職種の転職市場

人事・労務職は30代後半~40代の
ニーズが高い

人事・労務職は30代後半~40代のニーズが高い 人事・労務職は30代後半~40代のニーズが高い

人事転職ナビを運営する総合転職エージェントのワークポートは、20代~40代まで幅広い層の転職希望者様に無料転職サポートサービスをご利用いただいておりますが、人事・労務職への転職を希望される方々においては、30代後半~40代、俗に言うミドル層の人材が大半を占めています。また、それに伴いワークポートのサービスによって実際に人事・労務職へ転職成功された方の60%以上が同じくミドル層の方々であるというのが現状です。この現状からもわかる通り、人事・労務職の転職市場では今、豊富な経験と高いスキルを持った「即戦力人材」を求める動きが強くなっています。

こういった転職市場の動きの背景には、企業が抱える課題の複雑化という問題が潜んでいます。多種多様な課題を解決するためには、それぞれの分野に精通するプロフェッショナルな人材を見極め、競合企業に負けないよう自社の採用に結びつけることが必要ですが、それは転職希望者の売り手市場となっている現在非常に難しいことなのです。こうした理由から、効果的な採用チャネルの選定、採用戦略・採用企画の立案・実行ができる即戦力となり得る人事・労務職のニーズが高まってきています。また、在宅勤務などの働き方改革やダイバーシティが近年注目されていることもあり、人事制度や労務制度の企画・構築のご経験を持った人材の採用ニーズも同時に強まってきています。

採用ニーズの変化に伴い転職市場も変化

採用ニーズの変化に伴い転職市場も変化 採用ニーズの変化に伴い転職市場も変化

人事・労務職に対する各企業からの採用ニーズの高まりに比例して、給与面においても好待遇のオファーを提示する企業が増加しています。大企業と比べて給与水準が低い傾向にあるスタートアップ企業などでは、転職時の年収提示額こそ大企業ほどには達しませんが、ストックオプション(株式購入権)を用いることによって将来への期待やモチベーションを高め優秀な人材を確保するなど、様々な方法で自社の魅力を伝え人材を採用する努力をしています。それと同時に募集される役職も移り変わっています。これまで主流だったメンバークラス、スタッフクラスといった人材の募集に加えて、CHO・最高人事責任者(候補)、人事部長(候補)、人事マネージャー(候補)といった重要なポジションでオファーをする企業が増えており、それに比例して、これまでの経歴を活かし人事職のキャリアのゴールの一つであるCHOを目指される転職希望者様も増えております。

現在のご自身のキャリアや職場環境に何らかの懸念や不満があり、転職を意識しながらも年齢をハードルに感じて転職に踏み出すことができないでいる方がまだまだたくさんいらっしゃると思いますが、ミドル層の採用が活性化しているこのタイミングで、まずは情報収集という手軽なところからでも転職活動をはじめてみてはいかがでしょうか?理想のキャリア・待遇を叶えることができますよう、ワークポートの転職コンシェルジュが全力でサポートさせていただきます。

人事職種は「倍率」が高い

人事職は、かなりの大手企業でない限り基本的には各企業数名しかいない職種ですので、新規の採用や欠員補填の採用も募集人数が極端に少なくなってしまいます。採用業務経験が豊富な方の募集、労務管理経験が豊富な方の募集など、採用ターゲットは企業のニーズにより異なりますが、殆どの企業が1名の募集枠で採用を検討しています。そのため1つの求人に対する応募数が多くなり、採用倍率が非常に高くなります。

転職活動は「スピード感」が重要

人事職の求人は、他職種の求人に比べ募集開始から終了までの期間が非常に短いという特徴があります。常に自分が応募している求人に他の転職希望者も応募をしていることを意識し、スピード感を持った対応をしていかなければいけません。また、人事職への企業の採用意欲が高まっている現在だからこそ、これまで以上に充足(募集終了)のスピードが早まっていくことを想定して、気になる求人には応募受付終了となる前に積極的に応募してみることが重要です。

「新鮮な求人」を探せるサイトを選ぶ

倍率が高い求人で転職を成功させるためには前述の通りスピード感が大切ですが、まずは応募する求人を探さなければなりません。しかし、人事職の求人は数が圧倒的に少ないため、思うように探せないという問題を抱えている方も多くいらっしゃいます。人事転職ナビでは、常に最新の求人情報をみなさまにお届けするために、専門のリクルーティングアドバイザーが毎日営業活動を行い新規の求人を獲得しています。